アーティスト紹介

八木良太

  • 作品集(画像)
  • インタビュー
  • スケジュール
  • プロフィール

音響作品をはじめとして、オブジェや映像、インスタレーションからインタラクティヴな作品まで、
多様な表現手法を用いて制作を行なう。
モノの機能や属性を読み替え、再構成して関係性や価値を反転させたり、経験や記憶を新たなコンテクストで再生させる。
主に音や文字、時間を題材に作品を制作。

八木良太

略歴

1980 愛媛県生まれ
2003 京都造形芸術大学 空間演出デザイン学科 卒業
2010 ACC(Asian Cultural Council)の助成によりニューヨークに滞在
現在京都府在住

【個展】

2010
「事象そのものへ」 無人島プロダクション、東京
2008
「回路」 無人島プロダクション、東京
「エマージェンシーズ8 八木良太 ”回転”」 NTTインターコミュニケーションセンター、東京
2007
「直線か円環か積層か」 無人島プロダクション、東京
「クリテリオム70 八木良太」 水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城 2006
2006
「waltz」 無人島プロダクション、東京
「timer」 無人島プロダクション、東京

【受賞】

2010
「THE RECORD」 Nasher Museum、ノースカロライナ・アメリカ
「音が描く風景/風景が描く音:鈴木昭男・八木良太展」 横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川
2009
「サイレント」 広島市現代美術館、広島
「ウィンター・ガーデン」 原美術館、東京
「Re:Membering - Next of Japan」 DOOSAN GALLERY / GALLERY LOOP、韓国・ソウル
2007
「Exhibition as media」 神戸アートビレッジセンター、兵庫
2005
「神戸アートアニュアル 2005」 神戸アートビレッジセンター、兵庫
「stereorium」 ARTZONE、京都

このページの一番上へ